MARUKU Blog

未来のインターネット「WEB3.0」とは?

このところメタバースやNFT、ブロックチェーンといったインターネットの新しい技術に関する話題を多く目にするようになってきたと感じる方も多いのではないでしょうか。今回はそういった技術を基盤としたインターネットの新しい発展段階「WEB3.0」をご紹介します。

WEB1.0からWEB2.0まで

WEB3.0について説明する前に、WEB1.0からWEB2.0までのインターネットはどういったものだったのかを簡単に紹介します。

WEB1.0

WEB1.0とは、1990年〜2000年頃のインターネットが社会に広まりはじめた時代のことを言います。ほとんどのウェブサイトは、静的なウェブページであり、ウェブサイト制作者側から一方的に情報を送っていました。その上インターネットの速度も低速かつ不安定で、コメントなど閲覧者側から投稿することができず、利用者も非常に限定的な層に限られていました。AmazonやGoogleが創業したのもこの時代です。

WEB2.0

WEB2.0は2000年頃から現在まで続くインターネットの発展と拡大の時代です。WEB1.0では一方向でしたが、WEB2.0ではユーザー同士やサイト管理側とコメントや画像のやり取りなどできるようになりました。静的コンテンツのみだったWebサイトも、動的コンテンツが多くなり、利用者はWeb上で公開されたコンテンツを自ら操作できるようになり、利用者は様々サービス(SNSやブログなど)を利用して技術的なことは意識せずにアップロードできるようになりました。インターネットはADSLや光回線などが普及していき、速度や安定性が飛躍的にあがりました。

WEB3.0とは?

WEB3.0とは個人情報を第三者に渡すこと無しに様々なWEBサービスを使えるようになるとされるインターネットの新しい発展段階です。これまでのインターネットではWEBサービスを利用するためにGoogleやFacebookのような巨大IT企業に個人情報を渡してきましたが、これらの企業が自己の利益のためにユーザーのプライバシーを利用することやサイバー攻撃による個人情報漏洩など、様々なリスクが潜在的に存在し続けています。このような問題を解決するためにブロックチェーン技術のような新しいインターネット技術を実装する未来のインターネットをWEB3.0と呼んでいるのです。

WEB3.0で今まで(WEB2.0)とどう変わるのか?

私たちが日常的に使用しているアプリも置き換わっていくことが予想されています。Web3.0ではアプリは「DApps」というものになります。DAppsとは分散型アプリケーションのことで、ブロックチェーン技術を用いるので、非中央集権(1箇所に情報があるのではなく、ユーザー全員が同じ情報を持つ)型のアプリケーションとなります。今後、以下の画像にあるアプリ以外にもこれから様々なアプリやサービスがDAppsへと変わっていくと予想されます。

出典:Medium

現在のWEB2.0ではサイトやWEBアプリなどを管理する人がいて、そのサイトやWEBアプリを利用する人がいるような構造ですが、WEB3.0では管理していたデータがブロックチェーン上にのっかるイメージになります。今まではサーバーに障害が起こるとサイトやアプリが使えなくなっていましたが、ブロックチェーン技術を利用することにより、ユーザー全員が同じ情報を持っているため、複数箇所で障害が発生しても補うことができるためシステムを維持できます。

WEB3.0のメリット

  1. 利用者同士の売買など自由に取引ができるGoogleやAmazon、Facebookなどのプラットフォーマーがいないため、お互いの同意があれば、物々交換や利用者同士の取引が可能になると思います。
  2. サイトやWEBアプリを管理する企業の仕様に振り回されないFacebookやTwitterのプラットフォームを利用していると、不当な理由で利用できなくなったりすることがあります。しかし、WEB3.0の世界では、利用者の同意が得られれば、ある程度自由に仕様を変えていくことができるようになると考えられています。現在サイトやWEBアプリを管理する企業から個人情報を求められることが多くなっていますが、WEB3.0では個人情報は個人で管理することになります。
  3. セキュリティが向上するブロックチェーンの技術を利用するため、サーバで集中管理している現在より、個人情報の流出や不正アクセス、データの改ざんなどのリスクを減らすことができます。WEB3.0のWEBアプリを利用する際、IDやパスワードなどの個人情報を入力する必要がないため情報漏洩のリスクも減らせます。

WEB3.0の課題

  1. 利用するハードルが高い
    アプリの管理者がいないためハッキング被害などトラブルにあった場合、自己責任となとなってしまい、プラットフォームの管理者がサポートしてくれることはありません。
  2. 法整備が整っていない
    後にWEB3.0のサービス(DApps)が使えなくなる(規制される)可能性もあります。

まとめ

Web3.0の時代が来ることで、特定企業個人情報を独占する時代が終わり、セキュリティ対策の不備で情報漏洩する心配も少なくなります。ブロックチェーン技術によって新たなWebの世界が変わりつつあります。私たちの暮らしにどのような変化をもたらすのか、今後が楽しみです。

ICTの積極導入で企業の地力を底上げしましょう!

ICTを活用した新しいサービスの開発からWebサイトやSNSを活用したマーケティング戦略まで、
「新しいまちづくり構想」をテーマにした地方活性化に取り組むMARUKUにおまかせ下さい。
まずはお気軽に弊社のメールフォームよりお問い合わせくださいませ。

関連する記事

今注目の「メタバース」、仮想空間で広がる未来

Metaverse(メタバース)とは、Meta(超越した)+Universe(宇宙)を組み合わせた造語になります。Facebook社が社名を「Meta(メタ)」に変えたことで話題となりました。もともとSF作家ニール・ステ…

【徹底解説】RPA導入による社内DX

DX(デジタルトランスフォーメーション)の一環として導入が進んでいるRPAについて、みなさんご存じでしょうか。働き方改革や人材不足、コスト削減等に役立ち、働く人の環境改善にもつながります。 この記事では、RPAのメリット…

人気の記事

未来のインターネット「WEB3.0」とは?

このところメタバースやNFT、ブロックチェーンといったインターネットの新しい技術に関する話題を多く目にするようになってきたと感じる方も多いのではないでしょうか。今回はそういった技術を基盤としたインターネットの新しい発展段…

地方移住で利用できる「支援金制度」を活用してみよう

都会から地方に、生活基盤を移すときに不安になるのは、やはりおカネのこと。 せっかく移住するのに、そのスタートから躓いてしまうと、その後の生活が不安なものになってしまいますよね。 政府の地方創生戦略や、コロナ禍において従業…

ICTの積極導入で企業の地力を底上げしましょう!

ICTを活用した新しいサービスの開発からWebサイトやSNSを活用したマーケティング戦略まで、
「新しいまちづくり構想」をテーマにした地方活性化に取り組むMARUKUにおまかせ下さい。
まずはお気軽に弊社のメールフォームよりお問い合わせくださいませ。